無料ゲーム楽しんぼ

パソコンとスマートフォンの無料で遊べるゲームを紹介&若干の攻略情報を書いてます。

スマホ無料ゲーム、のんびり農牧ゲーのヘイデイが無課金にも優しくて楽しい。

1

HAYDAY(ヘイ・デイ)とは、CLASH of CLANS(通称クラクラ)で有名なsupercell制作のまったり農業ゲームです。
畑や家畜の育成はもちろん、そこから加工品を作っては訪問してくる隣人に売ったり、NPC注文に売ったり、時にはユーザーに販売したり……そんなのんびり農牧ライフが楽しめます。
よくある放置ゲーの一つですが、農場を好きなように飾ったり、各種加工機械や建築物のレベルアップなどなど、楽しめる要素が沢山。
その中でも特に気に入っているのが下記の3つです。

  1. 無課金に優しい!本来有料のアイテムを貯める方法が沢山!
  2. ヘイデイを楽しむならレベル29にせよ!コミュニティでユーザー同士の助け合い
  3. ユーザーへの販売を駆使したコツコツコイン稼ぎが楽しい!

無課金に優しい!本来有料のアイテムを貯める方法が沢山!

hayday2ヘイデイはアイテム課金制ですので、ダイヤモンドというアイテムが有料で売られています。
他のゲームでいうと、パズドラでは魔法石、モンストではオーブなど、ランダムで協力な味方を手に入れたり、クールタイムを短縮させたり、機能の拡張などができるアイテムですね。

こういった有料アイテムは、よく無料で遊んで手に入れることができたりしますよね。
レベルが上がる度に数個もらえたり、イベントでもらえたり、メンテナンスのお詫びにもらえたり、まぁ他にも様々だと思います。
ヘイデイはこのダイヤモンドを無料で遊んで手に入れる方法が沢山あるんです。

レベルが上がった時、イベント、メンテナンスのお詫びはもちろんのこと、更に他にも!運要素が若干ありますが、結構な確立でダイヤモンドを入手できる方法があるんです。
また、ガチャと呼ばれるランダムでレアをゲット、といった要素が薄いゲームなのでそこまでダイヤモンドを必死に使わなくても良いというのも利点ですね。

詳しくはこちら【ヘイデイ】ダイヤモンドを無料で集める方法!お小遣いサイトなんていらない!

ヘイデイを楽しむならレベル29にせよ!コミュニティでユーザー同士の助け合い

hayday3ヘイデイは牧場のレベルが29になると、コミュニティーハウスという建築物の修理ができるようになります。
このコミュニティーハウスの修理が完了し、コミュニティー機能を扱えるようになるとユーザー同士のグループの輪に入ることができます。オンラインゲームでいう「ギルド・部隊・クラブ」といったものですね。
このコミュニティーのどこかに所属すると、コミュニティのメンバー同士でチャットができるようになります。
助け合いや取引をメインとして掲げているコミュニティーに所属することができれば、自分が余っているアイテム・求めているアイテムなどを他のユーザーと交換したり、助け合ったりができるんです。これが地味に楽しかったりするんですよ。
雑談メインのコミュニティーなどもあるようですので、自分に合ったコミュニティーを見つけることができれば、ヘイデイの楽しさがぐんっと上がります。

詳しくはこちら【ヘイデイ】拡張アイテムが欲しいならコミュニティで助け合い!右麦を使って売店取引

ユーザーへの販売を駆使したコツコツコイン稼ぎが楽しい!

hayday4ヘイデイのレビューでコインが稼ぎづらいというものをチラチラ目にしました。確かにヘイデイはコイン不足に陥りやすいです。
建築物はどれも必要コインが高く、解放される建築物のみを購入していてもコインが足りない。その後レベルが5くらい上がってようやく解放された建築物を購入できた!なんてこともあるかもしれませんね。
でもこの問題は上手に売店を使えばある程度は解決できたりします。

売店は牧場レベルが7になれば使えるようになり、自分の手持ちのアイテムを好きな1~10個までの好きな個数にコイン1枚~定められた最大数までで好きな値段を付けて販売することができます。
購入してくれるのはユーザーですが、買い手が付かずに売れ残ってしまった場合は最後にNPCが買い取ってくれるという安心機能付きです。(NPC買い取りまではかなり時間がかかりますが…)
この売店ですが、多少の売れやすい・売れにくいはありますが、ほとんどのアイテムが最高値で置いても売れてくれます。
飽和気味のアイテムを売店にずらーっと並べ、数時間後に覗いたら綺麗に売れていたときなんて、かなり気持ちがいいものです。
それにプラスしてコインが貯まっていくのも何だか楽しいものですね。

詳しくはこちら【ヘイデイ】コイン不足解消!無課金でコインを稼ぐテクニック!これで金策せよ!

ほのぼの放置農牧ゲーはやっぱり楽しいものです。
ヘイデイ公式サイトはこちら ⇒ HAYDAY公式サイト